SF

「夢は現実のものとなる~宇宙兄弟~」

幼い頃に思い描いた夢やら、交わした約束は、得てして そのほとんどが宙ぶらりんのまま終わってしまうコトが あります。 「若かったなぁ~」 なんて言っちゃったりして過去のものにしようとしたり、 諦めたりすることも多々あります。 そんなほろ苦い経験のある大人にこそ 読んでほしい漫画! それがこれっ! 『宇宙兄弟』小山宙哉先生の作品です。 幼い頃にUFOを目撃した南波兄弟、兄・六太(ムッタ)と弟・日々人( […]

映画「インターステラー」3

次いで上手いな~と感心したのが、宇宙科学の映画への組み込み方だ。 特殊相対性理論、特異点、ニュートン力学、音の伝達、 3次元における不可逆性の時間と重力場といった、 宇宙科学の要素がめちゃくちゃに盛り込まれているにもかかわらず、 その説明が非常にわかりやすい。 そしてその1つ1つを深く考えて、それがどんな伏線になっているのかを考えれば、 どういう結果になるかも色々な想像ができ、期待を裏切らない展開 […]

映画「インターステラー」2

「インターステラー」は友人が言った通り、冒頭から全てが伏線となっており、 全てのシーンに色々な想像力を働かせれば働かせるほど、物語が進み、謎が解けるにつれ 「やっぱそうだったか!」「そういうことか~」「そういう展開にもっていくのか~」 「ですよね~」と、答え合わせをし続けることが出来て、とにかくワクワクが止まらない。 1シーン1シーンの描写も素晴らしく、 とてつもなく美しいシーンもあれば、暴力的で […]

映画「インターステラー」

最近知り合った友人が大の映画好きで数々のタイトルを紹介されていたが、 ついにその友人宅に泊まる事になり「だったら・・・」と、見たのがこの映画である。 久しぶりに感じた。いい映画は心豊かにしてくれるなと。 「インターステラー」は2014年のSF映画作品。 約170分という大作であったが「冒頭から伏線一杯あるんで頑張ってください・・・」 という友人の注意もあり、気合い入れてみなきゃいけないかな~と思っ […]

「彼方のアストラ」2

物語りの舞台は近未来。 学校の授業の一環で宇宙探索へいくことになった主人公たち。 初めての経験で宇宙旅行を漫喫する気満々だったのだが、 突然現れたワープホールに飲み込まれた宇宙服ひとつで宇宙空間に放り出されてしまう。 楽しい楽しい宇宙体験のはずが、宇宙サバイバルが始まってしまう。 何故彼らがそんな目に遭うのか、また彼等一人一人の境遇、そして能力。 全てがSFストーリーの伏線の一つになっていて、 め […]

彼方のアストラ

もともとは「SKET DANCE」という、 コメディ作品を週間少年ジャンプに描いていた篠原健太先生がSF作品に挑戦したのが、 この「彼方のアストラ」である。 ギャグのキレとシリアスなストーリーもめちゃくちゃ面白くて、 「SKET DANCE」の大ファンだったので、当然「彼方のアストラ」も読むつもり満々だったのだが、 実際読み始めたのは、漫画も完結してからしばらくたった割と最近であった。 ちょっと内 […]

全人類に読んでほしい!!~プラネテス~漫画編

突然ですが、『愛』って何なんでしょうね? ソレは、まぁ、議論を交わしたところで明確な答えなんて出るはずのない問いなのでしょう。 が、しかし!! 少なくとも自分はその答えのほんの一端を、垣間みたことがあるんです!! その一端というのが・・・コレ!! ハイッ!!出ました!!『プラネテス』 幸村誠先生が描かれています。 時は2070年代。人類は宇宙に進出していて、そこで生活する人々を描いた物語。 主人公 […]