駄菓子

「駄菓子好きにはタマラナイ~だがしかし~」

小さい頃、手には百円を握りしめ、向かう先は駄菓子屋さん。 百円でどれを買おうか迷ったことが、今ではとてもいい思い出となっています。 今では売っているレパートリーも少なくなってきていますし、 駄菓子好きには生きにくい世の中になったものです。 そこで見つけたこの懐メロ的漫画! 『だがしかし』コトヤマ先生の作品になります。 代々続く田舎の駄菓子屋の息子、鹿田ココノツの前に、 大手菓子会社の社長令嬢、枝垂 […]