薬屋

薬屋のひとりごと

コミック 薬屋の独り言 を読んだ。 主人公は猫猫(マオマオ)という17歳の少女。 薬師をやっていたが、人攫いに会い、あれよあれよと気づけば後宮づとめの下級女官になることに。もともと花街(風俗街)で薬師として過ごしていたため、現実的視点を持ち、夢見がちなところは全くなし。 人攫いにあったが無事命があったことを冷静に感謝し、あとはひっそりと任期を終えるまで後宮で働き元の薬師に戻ろうとするのだが、薬師と […]