薬局

「毒を以て毒を制する~薬屋のひとりごと~」

たまにライトノベルなども読むのですが、ここ最近で自分的に 一番ヒットしたものを紹介したいと思います。 『薬屋のひとりごと』日向夏先生の作品になります。 主人公の猫猫(マオマオ)は花街で薬師として働いていたが、人攫いにあってしまい 後宮の下女として売られてしまう。 そこでとある事件の謎を解いてしまった猫猫は、美形宦官である壬氏(ジンシ)に 目をつけられてしまい、様々な事件の謎を解決していく手伝いをす […]