スーファミ

独断と偏見で「ロックマンX2」を語る -その1-

不幸の名作アクション第2弾。 前作のシステムを踏襲しつつ、 スーファミながらワイヤーフレーム機能使ってCGっぽさ出したり 壮大なステージと多くのギミックはクオリティ高し。 当時子供ながらに思った印象を思い出すと 「X1」より世界観が暗くなった…とかちょっとダークな方向性へと向かっているな… とかそんな感覚はあったと思う。ちょっとずつ複雑になって行くというか。 まあ制作している側としてはどうしてもシ […]

RomancingSaGa Re:universe!!!! -2-

さてさて、待ちにまったロマンシング・サガ、通称:ロマサガがスーファミで発売されたが、とにかく我々ゲームキッズが魅了されたのが所謂ひらめきシステムである。(正式名称は知らぬ) 戦闘はオーソドックスなコマンド選択型のバトルシステムで進行されるため、ドラクエやFFになれた我々にとっては抵抗なく進められたが、戦闘中突然「ティロリン♪」みたいな音と「豆電球ピカー」的な、何か閃いた時の漫画的演出と共に、なんと […]