イジメ

「人に気持ちを伝える難しさ〜聲の形〜」

イジメや障害といったテーマは重くてとっつきにくいと感じていましたが この作品はそれでも見る価値のあるものだと思います。 『聲の形』大今良時先生の作品です。 主人公・石田将也は小学校の頃、聴覚障害を持った女の子・西宮硝子をイジメていた。 ところがある日を境に立場は一転して石田がイジメられる立場になり、友達はみんな離れていった。 高校生になった石田は自殺することを決め、その前に硝子に会って罪の罰を得よ […]