群青のマグメル

群青のマグメル


今は休載している、ジャンプ+の漫画。
最近漫画とアニメを知ってみたんだけど、超絶面白いんですよね。
これも休載していなければ、確実に一角のブームを巻き起こしていたのでは?

ジャンプ漫画で、ハンターハンターとトリコという漫画があるのですが、その二つの漫画の世界観といい意味で共通する、王道冒険ファンタジー漫画です。前述の作品の作家さんも、この作品についてはレビューもしてて高評価。

マグメルという土地にいる植物や動物は、人間にとって強烈に危険でありながら、絶大な恩恵ももたらしてくれる。
そんなマグメルを巡る物語なのだが、いい冒険ファンタジーしてます。

主人公は強い、めちゃくちゃ強い、けど多分普通の人間じゃない、それがちょこっとずつ明らかになっていく。
主人公はそのマグメル専門の何でも屋を生業としている。

現実の動物や植物を見ていても思うけど、未知なる世界、不思議な世界を見ているだけでわくわくする。
毎回毎回未知と遭遇する気分を味わえます。