ジョーカー

ジョーカー


バットマンに出てくる敵、ジョーカーを主役にした作品。
ジョーカーが、どういう経緯でジョーカーになったのかわかる作品。
超絶面白かったですな。

貧しく厳しい暮らしを強いられるジョーカーと母。
少しずつ少しずつ、経済的に、精神的に追い詰められ、いじめられ、最終的にぶちぎれて、やりたい放題切れたい放題っていう展開。

なんだけど、決してわがままな感じには映らない。
その狂っていく情感が見ているとビンビン伝わってきて、共感しちゃうんですよね。こうなってくると俺も切れるわ、って。
最後はジョーカーは悪の象徴として祭り上げられるが、なるほどこれはそうなるわ!と納得の展開。

悪役主人公もの映画で、大傑作なのではないか。
バットマンダークナイトも見たけど、映画として短く感じてしまう。
いや、十分内容詰まっているんだけど、ここまでジョーカーをいい感じで描かれるとね。

激情とバイオレンスあふれる映画ですが、非常に面白い映画でした。