仮説思考

仮説思考

書籍仮説思考、かなり有名な作品なので、読んでる人も多いのでは?
BCGコンサルタントである著者が、仕事をスピーディに正確に行うために、必要な思考術を徹底紹介。

当然仮説思考知ってるし、やっているよ、っていう人にもおすすめ。
なんせ自分もスーパービジネスマンである社長に紹介して、これは勉強になるねと太鼓判押された本。社長って誰やねんと思われるかもしれないですが、簡単に言えば10年キャリアの会社員5~10人分くらいの仕事量を1人でこなしちゃう人です。いやもっとやっているかな?

そのスピードと量をこなしているのは、本人曰く「誰でもできる」「技術」と言ってはばからないのですが、そんな社長がお勧めしてくれる本。

考え方っていうのは、生き方、哲学、とかと混同しがちですが、これは頭の使い方です。包丁の使い方、箸の使い方、頭の使い方、みたいなもので、物事を上手く受け止めて、いい感じで理解して、いい感じで対応していく、っていう事はテクニックが重要ということ。

包丁の使い方がうまいから料理がうまいか。
箸の使い方がうまいから、その人の礼儀正しさは完璧か。
っていうのと同じで、それがすべてではないですが、とても重要でだれが身につけても無駄にならない思考術だと思います。

問題をいかに早く理解し、解決方法を見つけ出し、解決に導くか。のテクニック。
色々なことに悩みがちだったり、長く付き合ってる悩みがあったりする人にはいいかも。
仕事の能力は、ちゃんとプライベートに生きるし、プライベートの能力は仕事に生きる。
その生かし方なんかにも気づけると思います。

お勧めのビジネス本です!是非!