五等分の花嫁

五等分の花嫁

いわゆるハーレムアニメ(主人公がモテモテすぎる)アニメとかドラマは、なんか無理やり感がどこかあって好きじゃない。
なので五等分の花嫁と聞いたとき、ホラーでなければハーレム系だろうと思っていたが、まぁハーレム系だった。
しかし自分は忘れていた、ハーレム系でも唯一好きなタイプの作品があったことを。
そしてこの作品がまさにジャスト、そういう作品だったため、めちゃくちゃ面白くてはまった。

ハーレム系で自分が許せる作品のパターン、それは「主人公がそのハーレム状況に対して、全く無関心か全く気づいていないパターン」である。
大金持ちの5つ子の姉妹に、超貧乏の主人公が家庭教師に行くことになり・・・というべったべったの展開だが、そこからの展開いい。
まず主人公に全くその気がない。けどめちゃくちゃいいやつっていうのが、とても自然に伝わってくる感じ。
家庭環境が明らかになり、勉強ができる理由が明らかになり、実は男らしいところがあったり、実はすごい優しいところがあったり。
っていうのが、ストーリーに丁度良くかみ合わせて、上手ーくにじみ出てくるのです。

Advertisement

その魅力たっぷりの主人公に、5人の姉妹が全員違う魅力に惚れてまう、っていう展開が面白い。
ちゃんと恋愛アニメしている感じ。で、主人公が全く気付かないから、コメディが始まるし、突然ラブストーリーが女の涙で急展開するのも面白い。
主人公がちゃんと魅力的、ヒロインが個別にちゃんと魅力的、そこにコメディとラブストーリーが始まる理由がしっかりしていれば、
恋愛系アニメも面白い。
五等分の花嫁は、傑作である。