宇宙兄弟

宇宙兄弟

才能ある二人の兄弟の、宇宙へ行くという夢へ立ち向かっていく物語。

兄弟ともに幼いころから宇宙を夢みていたが、違う人生を歩むことになる。弟の日々人(ヒビト)は誓った夢の通り宇宙飛行士になり、月面長期滞在グループの一員となるが、兄の六太(ムッタ)は会社員としての生活をするも、部長をぶっ飛ばして首。無職。弟の夢を叶えた姿に複雑な心境だったが・・・

宇宙飛行士になる過程での挑戦と挫折。そしてそのあとも続く、悲しい出来事、苦しみ。
様々な逆境に遭遇するものの、仲間と勇気と情熱と努力で立ち向かい乗り越えていく、老若男女だれでも感動できるし、夢中になって読めるお話。

Advertisement

最初は「宇宙兄弟」っていうタイトルで、宇宙へ行くためのお話、っていうベタで手がなかなかつかなかったんだけど、読んだら一気に最後のコミックスまで読んじゃった。
漫画として本当に面白い。現代宇宙工学の話、宇宙パイロットになる試験の話。
宇宙をめぐるお話。それに登場人物がユニーク、そして主人公の兄・六太が本当に人間臭くていい。
宇宙飛行士ってとにかくエリート中のエリートの集まりなわけですよ。
けど、六太もすごく優秀なんだけど、だらしないところもあるし、ちょっとずるかったり、臆病だったりするんだけど、でも大事な時に振り絞る勇気と情熱と努力。そしてユーモアのあるキャラクター。
これが心をつかんでくるんだよね。六太に会いたいな、って本をとるってのが、俺の読むときのいつもきっかけ。いつでもだれでも、元気になりたいときに読んでほしい漫画です。