スマホで読むうたわれるもの その3

スマホで読むうたわれるもの その3

さて、「うたわれるもの」についてはまだまだ語るぞ・・・
戦国アドベンチャー&シミュレーションRPGとして2002年に発売された
「うたわれるもの」は、どんなストーリーだったか語りたい。


主人公の男は、大怪我をして、のどかな辺境の村に運び込まれ看病されていた。
記憶をすべて失っており、顔には白い仮面をつけているなど、見た目は不思議極まりない。
そして目覚めた男は村長にハクオロと名付けられた。

ハクオロが目にした人々は皆、獣のような耳や尻尾があり、
そんな自分の記憶には、村の人が知らない、製鉄や化学肥料といった高度の知識を持っていた。
彼らは科学知識や文明を知らないようだった。

Advertisement

時代や文化の様々な齟齬を感じながらも、
知識と勇気を持った行動をするハクオロを村の人は受け入れ、
ハクオロも温かい村人たちを受け入れはじめ、
まじでハッピー&ハートフルな物語が進んでいく・・・
めでたしめでたし・・・とはいかない笑

続く!