Thunderbolt Fantasy

Thunderbolt Fantasy

Thunderbolt Fantasy 東離剣遊紀(漢字が出てこないため、常用漢字ですみません・・)は、

台湾の伝統的人形劇、布袋劇というものに感銘をうけ人気作家の虚淵玄(うろぶちげん)が、

原案脚本をてがけ、所属会社ニトロプラスの社員やクリエイターに声をかけ、人形の制作と操演を布袋劇の本家、

ピーリー社がやり、日台合同映像作品として、TVで放映された。

当時アニメをめちゃくちゃ見ていた自分は、リアルタイムはさすがに全部見れないので、

アニメタイトルは全て録画していた。

録画していた作品をチェックし、評価する至福の時間だったのだが、突然始まる人形劇。

完全にやられたと思った。

なんだよ~アニメじゃないのかよ~

Advertisement

半ば失望していた。が、消すことなくちょっとだけ見てみようと思った。

もともと教育番組の人形劇は超好きだったので、まぁ1話くらい見てみるかぁと、なんの期待もなく見ていた。

完全にやられた。

どちゃくそハイパー面白いやんけ。

その日から、毎週楽しみの作品に変化した。

続く