OUT3巻 その3

OUT3巻 その3

OUT3巻 その3 原作:井口達也 漫画:みずたまこと

斬人達がたまり場にしているボーリング場、そこには喧嘩をしては行けないというルールがあった。

それは過去に大抗争があり、このボーリング場で死んだ男がいたのだが、その男が達也をはたいた女。

皆川千紘の兄、斬人5代目総長皆川状助(みながわじょうすけ)だった。

千紘の気持ちは理解した達也。

しかし感情は、もっと直情的なもの。

最悪な出会いとなった。

さて、そのきっかけを作った丹沢敦史、総長は達也に再度声をかけていた。

「さっき外行きそうになった時、引いてくれてありがとう。」

達也と初めてあった時と、同じ愛嬌と人懐っこい雰囲気、謝罪をする敦史。

Advertisement

握手を交わす二人。

お互い自己紹介を改めてする。

一段落して、要と敦史は席を外す。

爆羅漢のスパイを捕まえたということで、二人をそちらへ向かったのだった。

そちらにケリをつけたところで、二人は一息ついて話をする。

そこで突然の敦史の爆弾発言。

「俺・・・・たっちゃんを斬人に入れる事にしたから・・・」

「はぁ!!?」

達也の平穏無事な保護観察生活は、どんどん遠のいていく・・・・・