OUT2巻 その2

OUT2巻 その2

OUT2巻 その2 原作:井口達也 漫画:みずたまこと

要がとった、使いたくなかったとっておきの手段。
それは、達也と要が実はタイマンをしていて、そして要は負けてしまったことを話した。

チーム斬人にとって「仲間がやられたこと」、それはチームとしてこのままにしておけないこと。

そしてチームの副総長である要が、喧嘩に負けたままで、そのままにすることは、不良の世界ではありえないことだった。

総長は即座に首を縦にふる。チームを好きに使っていいと。
ただし、一つだけ条件をつけたのだった・・・

翌朝、達也は開放された。
警察をでたところに、要とその舎弟の啓二が達也の開放を待っていた・・・
こうして、達也・要・啓二は、更に仲を深めていったのだった。

斬人に目をつけられた不良は、ただではすまない。
圧力をかけ、被害を取り下げさせたのだった。

Advertisement

さてさて、騒動も一段落したことはよかったが、総長が要と約束したことは、いずれはたされなければ行けない。

総長の条件は一つ。
総長VS達也を要が準備することだった。

平和に過ごそうとしていた達也だが、日に日に暴力の世界に近づいていってしまう。
更に、今度はチーム斬人のメンバーを襲う、他のチームが街に現れ始めた・・・