2019年9月

1/2ページ

FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS

FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS FFのアプリゲームで無料で楽しめる作品。 ハイクオリティかつ、歴代のキャラクターが出現するためやりこめる要素はある。 このゲーム、バトルシステムが秀逸で、強いキャラを課金でゲット、タップしてクリア。 になると、そりゃゲームに飽きてしまうのが当然。 これが、飽きないようにバランスよくできている。 というバトルシステムはやったことがない人に言っても […]

エイリアンブラックアウト

エイリアンブラックアウトはアプリゲーム。600円の作品。 なかなかいい値段するじゃん!けど面白いじゃん! エイリアン、プレデターが参加するゲーム作品は、結構な駄作を生み出してきた。 キャラゲーって、キャラさえ良ければいいと思って、ゲーム本質に力を入れてないな~って感じることが多いんですねぇ~ これは、映画の性質とゲームをちゃんと融合させてある、ちゃんとしたいいゲーム。 アクションとかじゃなくて、宇 […]

サザンと彗星の少女

 サザンと彗星の少女 赤瀬由里子先生の作品。 SF作品。 出稼ぎをしている青年サザンと、赤い髪の少女ミーナとの出会いと冒険を描いた作品。 SF作品については、色々思うところがあり、科学の専門的知識を背景にし、科学そのものへの興味と独自の世界観やキャラクターに没頭して読む作品があるが、それとは違う。 宇宙で、可愛らしい少女と出逢い、冒険する、冒険活劇だ。 ん~久しぶりのこのテイストの作品読むけど、王 […]

北北西に雲と往け

北北西に雲と往け 入江亜季先生の作品。 漫画大賞2019にノミネートされた作品。 舞台はアイスランド。17歳の青年、御山慧(みやまけい)は、広く誰もいない道路を、車で走っている。物語の始まりだ。 彼は車と話をする。特殊な力として、彼は電気機器から情報を聞き取る能力を持っていて、その力を使って、時々探偵業をして金を稼ぎ、旅をして、またどこかで探偵業をする。 ドラマチックでロマンチックな作品。 旅と探 […]

Getting Over It

Getting Over It タイトルからだと、なんとなく力強く、爽快なイメージがありますね。 このゲーム、えげつないほど難しいアクションゲームです。 ツボにはまったオッサンが、上半身と下半身(つぼ)を駆使して、手に持ったハンマーを駆使して、谷とか崖とか障害物とか、とりあえずツボにハマっていたら絶対超えられないだろうっていう障害を、奇跡のテクニックで乗り越えていくゲームだ。 こんな苦痛のあるゲー […]

Sanderぼるとー

 Sanderぼるとー さてさて、Thunderbolt Fantasyの何がすごかったのか。 まず人形劇なのだが、とにかく人形の出来栄えが素晴らしい。 豪奢な衣服に、自分が知っている人形劇より、より精密に人形が動く。 そして冒頭のバトルシーン。 とてつもない中2感。 剣術と法術を使い。大胆に人形がぶっとんでいく。 やべぇ。めちゃくちゃ展開が熱い。 セリフまわしが超王道バトルもの。 かっこよすぎる […]

Thunderbolt Fantasy

Thunderbolt Fantasy 東離剣遊紀(漢字が出てこないため、常用漢字ですみません・・)は、 台湾の伝統的人形劇、布袋劇というものに感銘をうけ人気作家の虚淵玄(うろぶちげん)が、 原案脚本をてがけ、所属会社ニトロプラスの社員やクリエイターに声をかけ、人形の制作と操演を布袋劇の本家、 ピーリー社がやり、日台合同映像作品として、TVで放映された。 当時アニメをめちゃくちゃ見ていた自分は、リ […]

劇場版魔法少女まどか☆マギカ【新編】叛逆の物語 スロット台が導入

劇場版魔法少女まどか☆マギカ【新編】叛逆の物語 スロット台が導入。 劇場版魔法少女まどか☆マギカ【新編】叛逆の物語。 まどマギといえば、一般の層の人もアニメファンに引き込んだ、一つのきっかけの作品。 見た目はめちゃくちゃ可愛いのに、物語は重く、暗く、切なく、深い。 これは当初の制作サイドの狙い通りで、それが見事にあたった。 ストーリーを書いた、虚淵玄という人は、もともとダークな中2系の作品で有名に […]

逆転オセロニア

オセロニア超駒パレード開催!! 毎月はじめに行われる、オセロニア伝統の超駒パレード。 一月もらえる星のかけらを貯めるに貯めて、この月初に開放する爽快感。 しかも今回は新章開幕ということで、新規の超駒が3キャラクター追加され、 新しいスキルも実装された。 ますます熱が高まるオセロニア。 ということで、早速ガチャを引いたのです。 この超駒パレードで強い駒を揃えないと、やっぱり対戦では勝てない。 他の強 […]

OUT4巻 その2

OUT4巻 その2O 原作:井口達也 漫画:みずたまこと 爆羅漢、斬人のメンバーが大集合していた。 斬人の内部では、なぜ達也が代表なのだと、反発する声も多数あがっていた。 勝負は代表同士、3対3のタイマン勝負。 1戦目は達也、因縁の賢三との対決だ。 「安倍は今どうしてる?」 「もしかして・・死んだ!?」 「理由はどーあれ・・・一応謝っとく・・・ごめんな・・・」 躊躇なく要をハネた男とは思えないほど […]