ラグナクリムゾン その4

ラグナクリムゾン その4

ちょいネタバレあらすじを書いたが、まぁ完璧なシナリオ。
作画めちゃくちゃいい。超かっこいいし、ラグナまじで強い。
クリムゾンともすぐ会うんだけど、まぁ彼は彼でえげつない強さ。

もう完璧に掴まれるわけです。以下2点を見たいがために。

ラグナと別れた天才狩竜人レオは、死なない未来を手に入れ、一体ラグナにとってどういう存在になるのか。

20年以上あとの自分から力を託されたラグナは、その記憶も受け継いでいるため、これから人間世界がどうなるか知っており、人間が滅ぼされようとしているが、先んじて竜を滅ぼしにかかるが、どんな未来に変わっていくのか。

Advertisement

そしていわばファンタジー版シュタインズゲートなわけですよ。
退廃した未来の世界を変えるために、現在の悪い要因をすべて知っているラグナがすべてたたき潰していく。

この超越感、ただただ気持ちいいやつです。
ラグナクリムゾン、これから2巻も読もうと思いますが、それ次第では間違いなく長期連載、アニメ化、様々なメディアミックス、待ったなしの面白さ。

色々異世界転生ものが流行っていて、進撃の巨人も大人気だけど、それ以上のパンチがある作画、王道ファンタジー、タイムリープとは違うけど未来から過去へつながるストーリー、人気が出る要素がフルに詰まっている。

今年はこの作品を押していこうと思う。