神様のバレー

神様のバレー

渡辺ツルヤ原作、西崎泰正作画によるバレーボール漫画「神様のバレー」
超絶面白い作品。
主人公は阿月総一は、バレー実業団のアナリストをやっている。
アナリスト、つまり敵も味方もチーム分析をする、
技術的な指導する監督とは別に戦略面や計画的な育成をサポートをする仕事をしているのだが、
とにかく「嫌がらせ」の天才。

しかしその能力は比類なく、実業団を優勝に導く敏腕アナリスト。
ただし、素行は悪く、試合中には横になってバッグを枕にしてゲームしながら、
試合のアドバイスをしているという、クセモノでもあった。
彼の元に実業団の会長がやってきて、全日本男子バレーの監督の椅子を用意するから、
万年一回戦敗退の弱小チーム、しかも中学生のチームを全国優勝させろというミッションをもらう。


この弱小チームは熱血バレーコーチ、元全日本女子バレー候補の鷲野孝子が監督をしていたが、
監督の視野の狭さ、非効率な練習方法を見抜き、
チームを改善するために対立するような形ではなく根回しをし、
補欠メンバーを取り込み一気にチームを変えていく。
そこから一気に快進撃がスタートする。

ただただ主人公の阿月の頭脳と思慮深さに感嘆し、
戦略的計画にすべて基づき、
人のあらゆる行動をまるで「神」のようにコントロールし続けるところがとてつもなく面白いのだが、
マネジメントやプロデュースって、こうじゃないといけないよな、
と深く考えさせられる作品でもある。

性格は悪いが人を無理やり動かすのでなく、あくまで自主的に、
かつモチベーションもコントロールし、的確にアドバイスをし、
人を的確に配置し、チームを次々と勝利に導くところは、とてつもなくかっこいい。
もちろんバレーボールの戦略もガッツリ入っていて、
バレーボール好きもたまらなく面白いだろう。
けど、前述の理由から、正直バレーボールなんかどうでもいいくらい物語が面白すぎるのある。