OVERLORD

OVERLORD

オンラインゲーム「ユグドラシル」の中で、主人公鈴木悟の名は「ももんが」。
そして彼が所属するチーム「アインズ・ウル・ゴウン」は、異形種のみで構成されたチーム。「ももんが」自身も死霊の王の姿をしている他に、吸血鬼、サキュバス、悪魔などなど、恐ろしい見た目をしている仲間がいっぱいいた。見た目のみならず、最強とは言えずとも、ユグドラシルの中でもそれなりに強いチームであった。

それが「ログアウト」ができなくなり、異世界転生状態となり、「アインズ・ウル・ゴウン」が異世界でそのままその暴威を振るうことで、まさに凶悪・最強のダークヒーローラノベとして、非常に面白かったのが原作「オーバーロード」だったのだが、ゲーム「MASS FOR THE DEAD」はひと味ちがうストーリーになっている。

最強最悪のチームだった「アインズ・ウル・ゴウン」が、ほぼ全壊滅させられ、突然異世界で生きることになったというストーリーが「MASS FOR THE DEAD」。

Advertisement

原作「オーバーロード」を読んで面白いと思う人は、評価すると思う。
どうしてそうなってしまったのか、その謎を追っていくシナリオは、原作者:丸山くがね が描き下ろしており、シナリオ・セリフ回しともに原作そのもの。非常に面白い作品になっている。クオリティが高い。引き込まれる。

シナリオはパーフェクトに面白く熱く、世界観も非常に素晴らしいのに、なぜ評価が低いかは、ゲームそのものの、ちょっとした弱点があるからである・・・