ギャンブル

ギャンブル

カジノ法案が可決され、危険性があるためと人に忌避されている、
ギャンブルに含まれている要素が注目されている。それが、ギャンブル依存というものだ。
生活を破綻させてしまうほど、ギャンブルにお金を使ってしまうということだ。
ギャンブルに依存してしまうという人間の反応について、
どこかでのマウス実験の結果を調べたことがある。

・マウスのいる箱に、ボタンを押すと餌が出てくる仕組みの箱を置く。
・片方のマウスの箱は、「ボタンを押すと、”必ず”餌が出てくる」
・もう片方のマウスの箱は、「ボタンを押すと、”時々”餌が出てくる」

この環境の観察結果は、
・必ず餌が出る箱にいるマウスは、満腹になるとボタンを押すことをやめる
・時々餌が出る箱にいるマウスは、満腹になってもひたすらボタンを押し続ける
というものだ。

食事という生物の本能に影響するもので上記のような結果でることから、
人間の生活に必ず必要である「お金」が、増えたり減ったりするというギャンブルは、
まさに依存性質が非常に高いものであることがわかる。

Advertisement

ということで、ギャンブルにハマる=身を崩す
という発想は、ある意味的を得てると言えるが、
じゃあなんで日本から無くならないの、といえば儲かるからであろう。
結局我々は身に潜む、危険な性質を引き起こすギャンブルというものと、
身近にあるものとして切り離すことができない生活環境にいる。

じゃあ、前向き向き合ってみない?
というのが、今回のトピックである。
これから日本の変化にちょっとだけ備えて、正しい判断力を身につけたいなと思うのだ。