競馬

競馬

カジノがそろそろ日本でも始まる。
それに合わせてテレビのバラエティで世界の公営ギャンブルについて放送されたこともあり、
また世界を股にかけるギャンブラーの番組なども地上波以外でも放送されたりもして、
色々調べてみたが、やはり興味が募る。

そのせいで現在やっている競馬について調べる機会があったため、紹介したい。
競馬新聞を片手に、ワンカップを反対の手に持ち、耳に赤鉛筆を持ち、
怒号を放ちながら身銭を切りギャンブルに興じる。

というようなイメージが未だに根付いているのかもしれないが、
実際今の競馬場はちょっと違う。
(もちろん古くからやっている方で、上記スタイルを頑なに守っている(?)人もいる。)


・美しい芝に包まれた広大なレース場は、見るだけでも壮観
・館内の設備はきれいで、実は食事が簡易なものでありながらも、非常に美味しい。
・大きなレースでは、男女ともに多くの人が賑わい、一体となってレースを応援する。
・馬の見た目の美しさしかり、走っている姿の迫力とレースの緊迫感は、人を魅了する要素が詰まっている
・正直1口100円から楽しめるので、気軽に遊べる。
・カップルで遊びに来る人も多い。
・スマホがあれば、簡単に馬券を購入することができるし、換金も簡単。

公営ギャンブルというだけで、また参加障壁が低く、
安全でエンターテイメントとして安く楽しむことができる。
正直民営のちょっとしたエンターテイメント施設より、
安く、品質の高いエンターテイメントを楽しむことができる。

Advertisement

1頭でも魅力的な馬を見つけてしまえば、末永く楽しめる魅力を持っている。
大衆に受け入れられたサービスというものには、やはり魅力が潜んでいる。
そう思わざるを得ない、競馬調査結果となった。