「リアルに妖怪と共存するとしたら〜もっけ〜」

「リアルに妖怪と共存するとしたら〜もっけ〜」

妖怪を題材にした漫画って、だいたい戦ったりしているものが多いのですが、
今回紹介する作品は、リアリティのあるストーリーでした。
それがこれ。

『もっけ』熊倉隆敏先生の作品です。

妖怪が見える姉・静流と妖怪につかれやすい妹・瑞生はその特殊な体質から親元を離れ、
拝み屋の祖父のもとで生活をしている。
彼女らはその能力を持てあまし、ときにその能力に頼りながらも、普通とは少し外れた日常生活を送る。
自然との共存、人間社会での人間関係の苦悩など様々な問題に直面し、
姉妹はゆっくりと成長していく。

今までの妖怪のでてくる漫画と違うのは、
妖怪を忌むべき存在として排除していくのではなく
畏敬の念を持って、対処方法を学んで、考えていくという
素朴で奥深い漫画となっていることです。

Advertisement

可愛いタイトルと違い、妖怪に対して、民俗学などの考察もしっかりと取り入れており
非常に丁寧に妖怪のことを紐解いています。

読んでいて大きな感動とかはないけれど、
じんわりと心に染み渡っていくような、そんな
作品です。

妖怪を身近に感じてみたい方は
是非、読んでみてはどうでしょう?