2019年5月

1/6ページ

「人に気持ちを伝える難しさ〜聲の形〜」

イジメや障害といったテーマは重くてとっつきにくいと感じていましたが この作品はそれでも見る価値のあるものだと思います。 『聲の形』大今良時先生の作品です。 主人公・石田将也は小学校の頃、聴覚障害を持った女の子・西宮硝子をイジメていた。 ところがある日を境に立場は一転して石田がイジメられる立場になり、友達はみんな離れていった。 高校生になった石田は自殺することを決め、その前に硝子に会って罪の罰を得よ […]

「素敵なタイトルに惹かれて〜ひとりぼっちの地球侵略〜」

先日プラプラと本屋さんを見ていたら目に止まった漫画。 初めてジャケ買いならぬタイトル買いをした品です。 『ひとりぼっちの地球侵略』小川麻衣子先生の作品になります。 主人公・広瀬岬一は高校の入学式の朝、突然現れた仮面の少女に「命をもらう」と告げられ追い回される。 その少女は同じ高校の2年生、大鳥希。 希は岬一に「10年前に宇宙船団が街を襲い、そのとき心臓に致命傷を負った岬一に自身の心臓を与えた」と話 […]

「描くことに生きた一人の人間〜かくかくしかじか〜」

『かくかくしかじか』東村アキコ先生の作品です。 林明子は漫画が大好きな高校3年生。美術部に所属していて幼いころから絵を褒められてきた彼女は 自分を天才だと思っていて、進路を決める時期になってもなんの勉強もせず、 ノリで美術大学に受かるつもりでいた。 しかし、クラスメイトの二見に受験はそんなに甘くないといわれ、 彼女の紹介で絵画教室に通うことにした。 その絵画教室の先生こそが、彼女の生涯の恩師となる […]

「恋愛漫画の王道!身分違いの恋!!〜パレス・メイヂ〜」

少女漫画によくある設定に、身分違いの恋愛ものがあります。 王族と使用人、将軍と奴隷、貴族と一般人などなど、 ベタな展開なのについつい読んでしまう魅力がなぜかありますよね。 今回はそんな漫画をご紹介。 『パレス・メイヂ』久世番子先生の作品です。 帝が建造した壮麗なる宮殿「パレス。メイヂ」 主人公・御園(みその)は帝に仕える侍従職として宮中で働くことになる。 その奉公する相手は、美しく聡明な女帝。彰子 […]

「創作することの大切さ〜アニウッド大通り〜」

元は個人出版で出していた作品だったのですが、その面白さが買われたのでしょう、 めでたく出版社から出してもらえることとなったこの漫画。 『アニウッド大通り』記伊孝先生の作品になります。 1980年代の日本を舞台に、アニメ監督であるおとたんと家族を支えるおかたん、 長男・たつきと妹・そのの4人家族の物語を書いた作品です。 昭和のノスタルジーを感じさせる絵柄ながら、 ストーリーが面白くて一気読みしてしま […]

ロックマン6

前作ロックマン5の流れを受けて 約1年後に発売されたこの作品、もちろんボスキャラ募集もしましたよ。 この募集は欧州でも行われた意欲作。 ただしこの作品を買った小学生時代、ややクオリティの落ちた感に ガッカリした記憶がある。 まずなんとなく 5の背景美から比べると劣化したざっくり感。 チャージショットも「ズバッ」としたSE音がなくなり ただのロックバスターと同じSEに…臨場感が減ってしま […]

ロックマン5

ファミコン「ロックマン」シリーズとして ある意味完成されたクオリティの作品。 グラフィック、BGM、テンポ感、どれをとってもハイレベル。 しかしながら、シリーズ中一番難易度が低いことで知られる「5」、 最高傑作では無いが、初めてロックマンをやる子供達を熱中させた作品には違いない。 自分も子供の頃 例の「ボスキャラ募集」をして参加賞でスペシャルCDをgetした記憶がある。 (あのCDどこ行っちゃった […]

「擬人化もここまで来た!〜はたらく細胞〜」

昨今は様々なものが擬人化されて作品として流通しています。 「艦これ」なら戦艦、「刀剣乱舞」なら日本刀といった具合に。 ただこの作品の擬人化は目の付け所が面白いですよ! 『はたらく細胞』清水茜先生の作品です。 自分の体の中にある細胞。 細胞たちは体という世界の中、休むことなく働いている。 体に侵入してくるウイルスや細菌には徹底抗戦!  そこには知られざる細胞たちのドラマがあった。 ・・・細胞の擬人化 […]

「こんな物語があってもいい〜まおゆう 魔王勇者〜」

某掲示板サイトに投稿された小説を書籍化したもので、 様々なメディアミックスで展開された作品です。 その中の一つを紹介っ! 『まおゆう 魔王勇者』原作:橙乃ままれ 作画:石田あきら  人間と魔族の戦争があった。 長く膠着状態が続いている戦争を終わらせる為、 勇者は単身魔王の城へ乗り込む。そこに待っていたのは、見た目がほぼ人間の女魔王。 戦争の終わらない理由を経済的観点から説明された勇者は 魔王と密か […]

ロックマン3

ロックマンシリーズの偉大な3作目。 当初はこの作品を持って完結…という構想があったそうな。 ファミコン世代としては、よく2コンの+キー押して穴落ち無敵の裏技をよく使用していたw 今は様々なプラットフォームで移植されているが この裏技はもうできないのかな??w あっても困る時があって、たまに死ななければ進めない場所もあった気がする。 そんな「3」は往年のファンも多く 8ボス終わった後の展 […]

1 6