悪夢のレストラン

悪夢のレストラン

メーカーは「あそびごころ。」
悪夢のレストランは、あそびごころ。
が作る作品でも唯一のグロテスクホラーではないだろうか・・・

脱出ゲームのメーカーとして、
非常に早いスパンでコンスタントにクオリティが中々に高いゲームを製作しており、
脱出ゲーム好きなら間違いなく抑えている会社が「あそびごころ。」。
ちなみに自分はラインでフレンド登録しているため、更新即ダウンロード余裕です。
その中でも、いくつか特に個人的に面白く感じた作品で、悪夢のレストランを選んだ。


脱出ゲームは、画面にあるいろいろなオブジェクトを調べに調べに調べつくして、
出てくる暗号を考えて解くアドベンチャーゲームの一種である。
その難易度が高ければ高いほど燃える人もいるだろうが、
「ほどほど」が好きな自分にとっては、非常に気持ちよく楽しめる。
また脱出ゲームという仕様上、ホラーは結構すきなのだが、
若干ビビリな自分は、アクションじゃなく脱出ゲームくらいがちょうどよい。

Advertisement

ストーリーも中々うまく書かれており、少しはじめだすと、
「あーこれ最後までやらないと謎が解けなくて気持ち悪いやつだな~」となった。
伏線のおき方がうまいのだ。ホラー要素とアドベンチャー要素は、
そういう最後どうなるか気になる伏線を作りやすいのだ。まんまと楽しい気分させられて満足しました。
クリアまで時間消化間違いなし。
普段と違う感じだったので、シナリオの幅広さを増やしていこうという挑戦心も感じ、非常に好印象な作品だった。