「残酷な現実と戦え!〜辺獄のシュヴェスタ〜」

「残酷な現実と戦え!〜辺獄のシュヴェスタ〜」

どんな逆境にも抗う人っていうのはかっこいいものがあります。
自分の信念を曲げずにひたすら前に突き進もうとする姿勢には
ある種の憧れを抱いてそれを応援したくなります。

そんなカッコイイ奴が主人公の漫画がこれ!

『辺獄のシュヴェスタ』竹良実先生の作品です。

16世紀、神聖ローマ帝国。罪のない人々が魔女狩りという名目で
迫害に遭っていた時代。母親を魔女狩りで失った少女・エラは、
魔女狩りで親を失った少女達ばかりが集められる修道院にやってきた。
復讐するために。

久しぶりに心躍るようなヒロインに出会った気がします。
簡単に言えば修道院での集団監禁デスゲームみたいな設定で、
常に危機がある閉鎖空間から一定期間生き延びる物語って感じですかね。

もうあの手この手で少女達の肉体やら精神やら攻撃してくる
修道院の凄惨さに、それでも心が全く折れないエラの精神的強靭さ。
どっちも見応えがあります。

結構残酷なシーンがあるのでそういうものが苦手な人は
お勧めしません。
が、残酷な場面でも闘う人間を描きたいという作者の強烈な
思いが伝わってくるので是非とも読んでほしい漫画です。