「そりゃ噂になっちゃうよね〜町でうわさの天狗の子〜」

「そりゃ噂になっちゃうよね〜町でうわさの天狗の子〜」

日常の中に非日常が普通に混じっている。
そんな要素を含む漫画が好きなので、一目見たときに
ジャケ買いしてしまいました。
(少女漫画コーナーにあったので気恥ずかしかったのですが)

それがこの漫画。

『町でうわさの天狗の子』岩本ナオ先生の作品です。

本作の主人公・秋姫は天狗の娘。人間の母親と暮らしながら中学校に通っている。
幼馴染の瞬からは、ずっと天狗になるための修行をするように言われているが毎回断っている。
同級生のタケルくんのことで頭がいっぱいだからそれどころではないのだ。

なんか独特の空気感で始まる物語です。ヘンテコと言ってもいいですね。
でもそれが少女漫画ではあまり類を見ないであろう「味」となって
程なくクセになることでしょう。

だもんでちょっと読んだだけじゃこの漫画の良さにたどり着けないと思います。
地味だけどジワジワと面白くなってくる作品。
それにちゃんと少女漫画のツボは押さえています。
キャラクターの恋愛模様はキュン死すること請け合いです。
登場人物全員パンチ効いてますしね。

ヘンテコで優しくて甘酸っぱい漫画に興味がある方は是非!