「レトロフューチャーSF〜レイチェル・ダイアル〜」

「レトロフューチャーSF〜レイチェル・ダイアル〜」

メカとはロマンである!
サイエンス・フィクションもまた、ロマンである!!
その二つが織り交ざった作品であるなら、それはもう
胸が踊る物語が始まるに決まっているのです!

そんな作品がこちら!

『レイチェル・ダイアル』皿池篤志先生の作品です。

空想近未来の工業都市を舞台に財閥令嬢レイチェルと
彼女が引き連れる2体の工業アンドロイド、アレックスとマックス達がドタバタと駆け巡る
SF漫画になっています。

まず世界観がユニークです!
様々なロボットを作る技術があるのにプラスチックなどは発明されてなく、
近未来という時代設定なのに雰囲気は産業革命時代のイギリスを彷彿とさせます。

また主人公のお嬢様、それを取り巻く不良っぽい男二人というなんとも王道な
構成は、やはり見る人の心をくすぐります。

軽快に物語が進んでいく中で涙腺を刺激させられる展開もあり
スカッとする場面もありで、読んでいて飽きませんね。
絵はそこまで上手というわけではありませんが不思議な魅力を持ってます。
というか作者さんが出版社に持ち込んだ漫画がそのまま掲載されたらしいです。
超すげぇ・・・。

気になった方は是非このレトロでフューチャーなSF作品を
読んでみては如何でしょう?