独断と偏見で「ロックマンX2」を語る -その2-

独断と偏見で「ロックマンX2」を語る -その2-

X2の印象って子供ながらにサウンドの変化を感じていましたね。
前回の正当痛快楽曲メロディー重視に比べ、何故か玄人受けするような楽曲群。
サウンドチームが変わったんでしょうね。


音楽をちょっとかじった私から言わせていただければ
このステージ曲を作ったクリエイターは
「絶対、ドラム出身者!」だと思う。
明らかに細かいリズムの打ち込みに無駄な手数の応酬。
しかし、これも大人になるにつれ逆にスルメのように好きになって行くのです。

Advertisement

前述のヘチマールステージのドラムなんて結構音楽やっている人にとっても
勉強になると思う…
でもこれ完全にメタルとかハードロックにフレーズだよねww
そしてそのリズムに引っ張られるかのようにマニアックなコード進行。

だから子供の頃に雰囲気変わったなと思ったんだろうな