「夢は現実のものとなる~宇宙兄弟~」

「夢は現実のものとなる~宇宙兄弟~」

幼い頃に思い描いた夢やら、交わした約束は、得てして
そのほとんどが宙ぶらりんのまま終わってしまうコトが
あります。
「若かったなぁ~」
なんて言っちゃったりして過去のものにしようとしたり、
諦めたりすることも多々あります。

そんなほろ苦い経験のある大人にこそ
読んでほしい漫画!
それがこれっ!


『宇宙兄弟』小山宙哉先生の作品です。
幼い頃にUFOを目撃した南波兄弟、兄・六太(ムッタ)と弟・日々人(ヒビト)は
一緒に宇宙飛行士になる約束をする。
時が過ぎ、夢を叶えて宇宙飛行士となった日々人に対し、六太は勤めていた会社をクビになっていた。
そんな六太の元に、宇宙飛行士選抜の書類審査通過の通知が送られてくる。
共に宇宙を目指すという夢を諦めていなかった日々人が応募したもので、
それを機に六太は諦めていた夢を再び追い始めるのであった。

この宇宙兄弟は、テレビアニメ化、実写映画化もしており
大変人気のある漫画となっております。
「笑いあり、涙ありの心温まる物語」という謳い文句がありますが、
まさにそれを地で行くストーリーです。

Advertisement

宇宙を題材にはしていますが、作品全体としては家族愛や兄弟愛、
様々な愛を取り扱っており、非常にハートフルで人情味溢れる内容です。
子供が読んでもモチロン楽しめますが、
大人の方が断然楽しめます。

何かを始めるのに遅いなんてことはないんだ、という強いメッセージ性に
惹かれますね。
大人になってしまった人たちにこそ読んでほしい
そんな漫画です。