「中央アジアに生きる人々~乙嫁語り~」

「中央アジアに生きる人々~乙嫁語り~」

たまには違うテイストの漫画も読んでみようと思い、本屋さんを
覗いてみたところ、目に止まった一冊の本。
民族的な衣装が好きで、表紙を見たときに即ジャケ買いした漫画です。


『乙嫁語り』森薫先生の作品になります。
12歳のカルルクの元に花嫁がやってきた。やってきたのは20歳になるアミル。
歳は離れていても、二人は少しずつ夫婦としての絆を深めていく。

19世紀後半の中央アジア、カスピ海周辺の地域が舞台で、
そこに生きる人々の文化、生活を緻密に、丁寧に描いている群像劇的漫画になってます。
乙嫁の意味は「弟の嫁」「年少の嫁」を意味する古語らしく、
それにまつわるストーリーが主軸となっています。

Advertisement

作者の森薫先生の絵の書き込みっぷりが半端ではなく民族衣装の装飾品や
細部まで描かれている模様などを見ると、本当にこういう細かいものを書くのが
好きなんだなぁと感心してしまいます。
刺繍とか装飾が好きな人は目を輝かせることでしょう。

異国情緒がたっぷり含まれている物語に満足する作品でした。