「盾の勇者の成り上がり」2

「盾の勇者の成り上がり」2

突然異世界に転生された主人公。
他に年が近い3人の同世代の男が転生させられる。

それぞれ剣の勇者・弓の勇者・槍の勇者と、
召還された国でもてはやされ良い思いをさせられているが、
盾の勇者とされた主人公は、明らかに扱いが酷い。
果ては仲間のフリをして近づいてきた女に裏切られ、身包み全てはがされ、犯罪者扱いさせられる。


更に盾の勇者の力は、
一切攻撃力を持たずモンスターを倒すことができない能力で、
たった一人では役に立たない能力。
頼る者が無い主人公は、完全に「切れた」。
あらゆる手段を講じ、生き抜く事を決意し復讐を誓ったのだった。

兎に角敵だらけ、絶望的な状況の連続、
そこからどんどんタイトルどおり「成り上が」って行くストーリーであり、
シンプルかつ心地よいァンタジー。

主人公の周囲の人間が仲間を除くと、
極めてめちゃくちゃに腹立つ相手ばかりのため
「あ~早くこいつら痛い目みないかな~」と思いながら読む作品であり、
性格がいい人間が読む作品ではないかも知れない(笑)

Advertisement

攻撃力を持たない主人公というのが非常にユニークで、
所謂普通の主人公の強さのベクトルが違うのも、
これまでの異世界転生ものとは違う。
また最初は仲が悪かった勇者たちとも合流してくるのだが、
槍の勇者が非常にユニークで面白く、物語の途中主人公と和解をしてからがめちゃくちゃ面白い。
スピンオフのストーリーが出るくらい、キャラが立っていてぶっ壊れた性格に描かれている。
ベリーナイスギャグキャラ。

現在アニメ放映もされており、
漫画、小説と、まとめて楽しめる良いタイミングの作品なので、是非お勧めである。