映画「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」

映画「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」

もしタイムトラベルができたら、なにをするのか。
「アバウト・タイム」はタイムトラベラーの主人公が、
自分の人生に向き合い、成長していくヒューマンドラマだ。

主人公の青年は、とにかく優しく真面目で少し不器用で、
家族を大切にし、恋愛に心から憧れている。そんな彼に、父親が突然話をする。

実は一族の男子は、全員タイムトラベラーで、
過去に戻って色々なことをやり直すことができる、と。
そしてその能力は、軽々しく使ってはいけないと言われる。


彼の心からの夢「彼女を作ることだった」
迷わず、どんな時も、そのために「タイム・トラベル」を使う。
けれど時には周りの大切な人のために、自分の事を後に回しても、その能力を使っていく。
自分の能力を使いながら、人生の色んな事を経験することで、青年は成長していく。

とにかく主人公は、「世間知らず」
何をやってもダサいことになってしまうため、到底彼女を作れるなんて思えない。
けどそんな彼を愛し、愛し合える女性と出会っていく。
タイムトラベルでいろんなことをやりなおしながら。

Advertisement

上記の内容を読めば「ラブコメディかな?」と想像できると思うが、
序盤は超ラブコメディ。ややコメディ要素が強いラブコメディ。
誰と見てもゲラゲラ笑いながら楽しめる映画。
監督リチャード・カーティスは、Mr・ビーンなどを作った有名脚本家として知られており、
だから笑える展開を作れるのかと、大納得。
ちなみに彼が映画の監督をやったのは、なんとたった4本だけ。

そして監督が凄いのはただのラブコメディで終わらないところである。