一緒に食卓を囲もう~甘々と稲妻~

一緒に食卓を囲もう~甘々と稲妻~

最近、癒しが欲しくて漫画を選んで読むにもその傾向が表れています。
たまにくるんですよね、この感じ。
可愛くて、ほのぼのとしていて、そしてたまにウルっとさせられる。
そんなんないかなーって探していたら、
見つけちゃいましたこの漫画。

『甘々と稲妻』雨隠ギド先生でございます。
妻を亡くした高校教員の犬塚公平は、多忙な日々により娘のつむぎにコンビニ弁当や外食ばかりの
食事をさせていた。自分のクラスの生徒である飯田小鳥から「一緒にご飯を作りませんか?」と
持ちかけられ、娘にちゃんとした食事を食べさせたいと思った彼は、
彼女の母が経営する料理屋で三人一緒に料理を作ることとなった。

まさかの食育、料理漫画なんですが、とりあえず、つむぎちゃんが可愛い。
純文学的でお堅そうな漫画名ですが、絵のタッチが温かく、
親子の感情を柔らかく表現しているのがほっこりします。
料理の描写も映えるし、誰かと食べる手作りのごはんは、こんなに美味しいものなんだと
優しく伝わってきました。
あ、あと、つむぎちゃんが可愛い(二回目)

ページの間に作中に出てきた料理のレシピなども載っていて
料理本としても活用できる優れもの。
これを読んだら料理にちょっとでも興味を持つ人が増えるのではないでしょうか?

主要登場人物三人の料理を作って食べる、ということを通して成長する姿に
癒されること請け合いの作品です。