ワイルドステーキの究極ワイルドな食べ方

ワイルドステーキの究極ワイルドな食べ方

こんなマニアックな記事を呼んでいる皆様は、きっといきなり!ステーキの初心者ではないはずで、
通いなれた店を持っているはずなので、きっと理解を得れる事と思い記述していこうと思う。

自分の場合は必ずランチタイムにお店へ行き、
ワイルドステーキ450gとライス大盛り、黒烏龍茶を頼む。
因みにリニューアルされ炎上案件となったいきなり!ステーキオリジナルの黒烏龍茶の方が、
既存の烏龍茶より味が好きであり、むしろ家に保管したいと思っているぐらいである。

ここでポイントが、ステーキを楽しむそれぞれベストな注文量があると思うが、
それより「その店の注文gに対してどういう肉を入れてくるか」を事前調査をした上でグラムを選択してほしい。
自分が良くいく店舗では、ランチピークタイム時の450gワイルドステーキは、
肉の赤身も脂身もめちゃくちゃ最高に分厚くて良いものがくる。(常連だからサービスされているのかなと思うぐらい)

そしてピークタイムを過ぎた450gワイルドステーキは、
若干赤身が多くなり、少し肉も繊維質が多く若干固い、脂身も少な目な部位が来る。
ピークタイムを過ぎた300gのワイルドステーキは、その傾向がさらに強くなり、
脂身は殆どない若干固めの赤身の肉オンリーになる。

300gでも脂身を堪能できる場合もあるのだが、基本そういった経験が殆ど無い。
450gでないと味わえない脂身の旨味があるのだ。
といった経験を踏まえ、赤身も脂身も限界まで堪能したい自分はピークタイム時の450gワイルドステーキしか頼まない。
店によってこの傾向は若干違うとも考えられるため、それは皆様事前に調査をしてほしい。

俺の食べ方は、赤身の肉と脂身の肉汁と油を最高に堪能する食べ方なので、
赤身派、脂身派、両方派、で最初の肉選択はお任せしたいと思う。
では、次回より究極の食べ方を紹介したいと思う。