ちょっと離れたお母さんが作る沖縄料理

NO IMAGE

いよいよ早くもラストナイトです。
この旅行は夜がメインじゃないかと思うほど長い夜が続きます。

その夜のキックオフ、いや怪しい意味はありません。
胃袋との戦いです。
沖縄料理を食べつくすというミッションです。

まだ食べていない

豆腐よう
ぐるくんの唐揚げ
にんじんしりしり
ゴーヤチャンプル
ひらやーち
ジーマミー豆腐

そして島らっきょ。

なかなか残ってます。
しかもここのもずく天は最高なんだとか。

食べログで上位のお店は予約がいっぱいか、予約すら受け付けていません。

なのでRettyでみつけたのが、ここ、ふくろう亭です。
松山の交差点から5分くらいでしょうか。
喧騒から離れ落ち着いているところにあります。
ちょっと遠くからでもわかる、いい感じの赤提灯が目印です。

なかではお母さん2人で切り盛りしてます。
テーブル席も2席しかなく、先客はカウンターのお二人だけです。

さあまずは豆腐ようです。
なかなか鮮やか。
なんでも、お店を開いた10数年前に飛び込み営業で豆腐屋さんが売り込んできたらしく、10年かけてたどり着いたものらしいです。
お母さんの手作りではないですが、美味しくておいてあげるようになったのだとか。

たしかに、発酵具合がくどくない。チビチビとつまみながら泡盛が進みそうです。

そう、きょうもビールで始めてます。ぐびぐび行けちゃいます。